​表面実装

表面実装とは電子部品をプリント基板に実装する方法の一つ。 SMT (Surface mount technology) とも呼びます。

​設備での生産だけでなく、高度なスキルを必要とする特殊作業として手印刷・手載せ実装・手半田付けなどを行う事により多彩な条件の生産に対応する事が可能です。

​機械実装作業

​表面実装設備 2ライン保有しております。

半田印刷機                Panasonic

ディスペンサー          YAMAHA

チップ用マウンター    YAMAHA

異形型マウンター       YAMAHA

リフロー(無鉛対応)    エイテックテクトロン


近年では主流となってきましたが、極小部品(0603サイズ)の実装が行えます。


またクリーム半田実装だけではなく部品の仮止め実装(ボンド実装)も行うことができます。

​ディスペンサーやボンド用メタルマスクを使用してボンド塗布を行います。

特殊作業(手載せ実装・手半田付け作業)

手刷り印刷になります。

専用の印刷台にメタルマスクをセットし印刷します。枠がないメタルマスク(簡易メタルマスク)も使用できます。

人間の手での印刷の為、印圧・印刷スピード・版離れ性など高度なスキルが必要となります。


手載せ実装になります。

クリーム半田の上に、専用ピンセット・専用吸着器を使用して実装していきます。

小さな部品、リード間の狭い部品などの実装には高度なスキルが必要となります。

1枚の試作基板や小ロットの生産など,手載せ実装・手半田付けでの対応も致します。

 

©2019 by 淀電子産業