ディスクリート実装とはリードタイプの電子部品をプリント基板に実装する方法の一つです。プリント基板上のスルーホールに実装を行う。現在は製品の小型化等が進み、部品サイズの小さいチップ部品が使用される事が増えましたが、電源用部品等電圧や電流の高い回路にはリードタイプが使用されています。


​機械実装作業

挿入設備
アキシャル実装設備  Panasonic
ラジアル実装設備​​       Panasonic

近年ではディスクリートの挿入設備を保有されている会社は珍しいと言われます。
アキシャル(横型)、ラジアル(縦型)、テーピングの状態であれば機械実装が行えます。

挿入実装でお困りでしたら、お気軽に連絡下さい。機械実装のみでもお受け致します。

​ハンド実装(手挿入)

半田付け設備
​噴流式自動半田槽(有鉛)     日本電熱計器

                                    セイテック
噴流式自動半田槽(無鉛)     タムラ製作所
スプレーフラクサー           日本電熱計器

                                     タムラ製作所
静止型半田槽(無鉛)            横田機械
スポット半田槽(無鉛)         白光

手挿入専用コンベアにて部品挿入を行います。

半田付けは噴流式半田槽、静止型半田槽など基板や部品の状態に合わせた設備で半田付けを行います。

​また機械での半田付けが行えないものは半田コテを使用して半田付けを行います。

 

©2019 by 淀電子産業